平成28年12月10日(土)オープン講座開催

オープン講座 これから始める自分史入門
~「自分史」で、自分をふりかえる・知る・つながる・未来へ進む~

img_6940

【日 時】 平成28年12月10日(土)  15:00~16:45
【場 所】 千代田区神保町区民館 千代田区神保町2-40
※地下鉄「神保町」駅、「九段下」駅より徒歩5分、JR水道橋駅より徒歩7分

【テーマ】 「自分史」で、自分をふりかえる・知る・つながる・未来へ進む
自分史は、「自分の人生をみずから書きつづった記録・自伝」です。
文章で書いて書籍にするイメージが強いですが、現在では、写真や映像、音声、創作、Webやデジタルと組み合わせた、より自由で幅広い「自分史」の取り組みが広がっています。
過去をふりかえって、自分を知り、意味をつなげ、世界とつながって、未来へ進むのが「自分史」の意義。
新しい趣味にも生きがいにもなりうる「自分史」の楽しみを、初心者向けにお伝えしました。

【講 師】 宮野 真有氏 (自分史活用アドバイザー)
宮野 真有
フリーランスのエディター・ライター・インタビュアーとしての20年の仕事歴を活かして、自分史の楽しみと意義を広め、実際に作るためのノウハウについてアドバイスを行っている。祖父がかつて自費出版で家族本・自分史を13冊出版しているのを、孫世代
として身近に見ていた体験から、世代を越えて伝わる自分史の力を実感している。

【持参するもの】 「思い出の写真」を1枚と、筆記具
【参加費】 一般の方 ¥1,000   会員 ¥0

ご案内はこちら→ オープン講座案内

——————————————————–
講座の中で盛り上がったのは、持参した思い出の写真を使って隣りの人と語り合うワーク。
講師からの説明が始まる前から、各々が写真への思い入れを語り始め、会場は大賑わいでした。
それを受けて、実際に自分史の一端を書き始めるワークへと進行し、参加者には大変好評の中での終了となりました。

終了後は講師を交えての懇親を兼ねた忘年会へと場を移し、そこでも「自分史」についての各々の思いを語る楽しい会が続きました。

次回のオープン講座は、3月26日。
大江英樹さんをお迎えして、「おとなの京都講座」を開催します。
観光名所として人気の京都ですが、暖かくなる観光シーズンを前に、大人の楽しみ方を教えてもらいましょう。

 

イベント情報一覧に戻る