イキイキと生きる中高年齢層(アクティブ・シニア)のためのNPOアクティブ・シニア・クラブ

リレーメッセージ Vol.33 小嶋 厚 2018年6月

  • HOME »
  • リレーメッセージ Vol.33 小嶋 厚 2018年6月

今月の担当は、年金・保険部会の小嶋 厚 です。
俳句が好きなものですから、俳句を入れながら回答します。

Q1)ASCに入った時期ときっかけ

「定年を諾(うべな)ひ帰路や五月雨(さみだ)るる」

長年勤めた会社を去る定年の日の侘しさを五月雨に託して詠った俳句です。
生命保険会社に37年勤務しておりましたが、定年前の数年、関連会社の介護事業に携わっておりました。
顧問社労士と知り合い、労務問題など相談する中で、社労士に興味を持ちました。
介護事業の経験を活かし、資格を取って医療・介護分野専門の社労士になるのも、セカンドライフとして面白いか、などと定年後を描いておりました。
そんな中、知人の子息がオープンした銀座のカクテルバーの開店祝いに参加のところ、
見目麗しい女性社労士とめぐり合いました。川端薫さんとの運命の出会いです。
その後は、ぎりぎりで資格も取得ができ、ASC養成講座にお誘いを受けたのが入会のきっかけとなりました。

Q2)今、何をしていますか?(仕事をしている人はどんな仕事?)

月の1/2は、社労士関連業務。
当初目指した介護、医療関連業務はぼちぼちといった感じで、むしろ年金事務所で週3日程度の年金相談業務がメインとなっております。
すでに相談者数も2,600人を超えました。そんな経験を活かし、年金セミナーなども時々やっております。
その他に、趣味というよりは、業務に近くなっていますが、月の1/3は、所属の俳句結社(「往還」)の関連業務。
月3~4回句会運営・参加、結社誌の執筆、指導およびそれらの諸準備といったところです。

Q3)あなたの趣味や得意な分野、近況等を教えてください。

「血抜きする鯛の目悲し秋の海」

趣味の1番は、もちろん俳句、2番は海釣り。掲句は14年程前の処女作です。
葉山、逗子辺りで、手漕ぎで沖に出てボート釣りをやっています。
2級船舶は持っていますが、ペーパードライバーです。
3、4がなくて、5はゴルフ。付き合い程度です。

プライベートは以下の通りです。

「吾子(あこ)の名に美帆子洋平夏の海」「よく笑ふ妻子が恵み柿若葉」

子は二人。妻一人。
海が好きなものですから子供には海に因んだ名をつけました。
父親の存在が極端に薄いよくある家庭です。

(好きな言葉)

「面白きこともなき世を面白く棲みなすものは心なりけり」
「随所作主」

Q4)ASC会員の方たちに何か伝えたいメッセージを一言

趣味の海釣は、25年目、俳句は15年目となります。
特に男性は、現役時代は、仕事まっしぐら、定年後に何か趣味を ーという方が多いと思います。
私は、たまたま釣と俳句に出会い、相性が良かったのか、現在に至っております。
結果的に早く始めていてよかったなと思っています。
現役サラリーマンの方には、早めにそうしたことを見つけておくことをお勧めします。
定年後も、会社以外に、迷わず自分の居所というか行き先があるということは、セカンドライフがさらに充実するかと思います。

 

お気軽にお問い合わせください

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NPO法人 アクティブ・シニア・クラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.